ラボログLabLog

現役国公立大の理系大学生「屯田兵」が運営する理系学生メディア。理系学生にとって必要な学部・大学院への入学から学生生活・研究について、そして就職や進路に関する耳寄り情報やあるあるネタを紹介していくブログ。

MENU

【スポンサーリンク】

早起きは三文の徳だからティファニーで朝食を。

どうも、屯田兵です。

 

先日、夜カフェのすヽめを記事にしました。

 

tonden-saving-energy.hatenablog.com

 

夜に落ち着いたカフェに行くことで作業効率が上がりますよって話です。

 

一方で、一日をさらに豊かにする選択肢として、早起きがあります。

 

「早起きは三文の徳」というように日本では昔から早起きすることは徳である、得であると教わって来ました。

ちなみに実際三文がどのくらい得なのかは、他の方が詳しく調べてくれていました。

gentle-breeze.org

 

 

まあ三文は100円程度でしたが、実は早起きすることでもっと得することがたくさんあるよ!って話をします。

 

メリット①午前中は集中しやすい!

以前、睡眠に関する記事を書きました。

tonden-saving-energy.hatenablog.com

 

睡眠学的に、覚醒度が高く集中できるのは午前中と夕方だそうです。

(逆を言うと午後は眠くなります。)

夜カフェで夕方以降に集中して作業に当てられるのであれば、そこから逆算して一日の流れをこうしてはどうでしょう。

  1. 集中できる朝に頭を使う(例:会議、打ち合わせ、計算、思考など)
  2. 眠くなる午後に身体を使う(例:営業、スポーツ、観測、ブレストなど)
  3. 集中できる夕方に作業を行う(例:報告、日誌、ブログなど)

こうみると今の社会人って意外といいサイクルが出来上がっているんだなーと思います。

しかし、大事なのは同じ場所で全て行うのはよくないということです。

 

tonden-saving-energy.hatenablog.com

 こちらの記事で紹介した「界隈性のある状態」これが非常に重要です。

いつも会社や研究室の中だけで作業やサイクルを回すより、あちこち行ったり別の居場所を見つけることって大事ではないでしょうか。

時間の使い方は実は、非常に睡眠効率に乗っ取っていますね!

 

メリット②朝は贅沢に食べれる

さてさて、ダイエット及び肉体改造中のみなさんにとって夕食の贅沢は禁物です。

tonden-saving-energy.hatenablog.com

 僕も、夜20時以降は何も口にしないようにしています。

逆にその分、しっかりと朝昼に食べています。

 

特に朝!

これから長い長い一日を戦うための栄養補給のため、それから一番消化しやすい時間のため油物や炭水化物はこの時間に摂取しています。

 

それに、思い切って朝美味しいものを食べることで、毎日寝ることや起きることが楽しみになり、その以降の一日のモチベーションも変わって来ます。

 

ぜひ、思い切って朝ごはんを一番贅沢にしてみてください!

 

 

メリット③QOLが上がる!!!!

そう、何と言ってもQOLquality of life)はめまぐるしく向上するでしょう。

実際に、僕が部活の朝練をやっていた頃、朝6時から9時までの練習でした。

そりゃ朝6時から練習なので5時までには起きなくては行けなく、「ね、眠い、、辛い、、」状態になる時もあります。

 

しかし、運動後に程よく太陽が登り、野鳥がチュンチュンとさえずり、一汗かいた自分がそこにいます。

「世界はこんなにも美しいのか...!!!」

必ずそう気付くのです。

 

もちろん、いきなり朝3時間の運動をしろなんて言いません。

ちょっと散歩へ行ったり、ちょっと早くカフェに行くくらいで十分です。

 

なんならこの本を読むだけでも十分です。 

いつかティファニーで朝食を 1巻 (バンチコミックス)

いつかティファニーで朝食を 1巻 (バンチコミックス)

 

長らく同居していた彼と別れ、ちょっといい朝ごはんを食べたことがきっかけで人生が豊かになり楽しさに気付くと行った漫画です。ヒロイン4人のそれぞれの人生がこれまた面白いです!

 

ぜひ、早起きを!