くんせいくんのラボ日記

現役国公立大の理系大学院生「くんせい君」が地味に書いてるブログ。理系学生にとって必要な学部・大学院への入学から学生生活・研究について、そして就職や進路に関する耳寄り情報や地元北海道の有料情報,趣味のサブカル・アウトドア情報や感想などを幅広く呟いていくブログ。

1週間は金曜日から始めなさい

くんせい君(@shimaenagalab)です.

北海道に住んでる大学院生です.

 

今日は臼井由紀さん著の『1週間は金曜日から始めなさい』を読んだ感想と,これから取り組むことについて話します!

 

今日は,1週間を金曜日から始めることについて考えてみた

今回の記事は,本の感想です.

読んだ本はこちら.

 

『1週間は金曜日から始めなさい』とは

著者の臼井由紀さんは,スーパーウーマンです.

以下,詳細です.

臼井/由妃
1958年東京生まれ。株式会社健康プラザコーワ/有限会社ドクターユキオフィス代表取締役。33歳で28歳年上の夫と結婚したことを機に、健康器具の開発、会社経営に携わる。次々とヒット商品を開発し、また独自のビジネス手法で通販業界で大成功を収め、借金3億円を抱えた会社を年商23億円の優良企業に変える。その躍進がメディアにも注目され、日本テレビの『マネーの虎』(放送終了)の出演により全国にその名を知られるようになる。経営者・講演者として活躍する傍ら、数々の難関資格を取得。理学博士号、健康医科学博士号、宅建、行政書士、MBAなどを次々と短期取得し、その勉強法も注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

とんでもないですね

 

この人の思想は強烈で,昨今の時間術系のトレンドは,

時間は引き算としてドンドン省いていくべきだというもの.

一方で著者は,時間は足し算としてなんでもやるべきだ!としています.

 

ここの思想が大好きで,私は一気に心を掴まれました〜

 

特に忙しい時ほど勉強しろ!というのは,明確なメッセージで非常に共感できました.

 

なぜ金曜日か

さて.なぜ金曜始まりなんでしょうか.

ここでは,1週間の役割を紹介します.

 

まずは,平日5日(月火水木金)・休日2日(土日)という一般的な働き方を想定していることが良心的です.

 

その上で,平日5日でやっていたことを月火水の3日でやれ,というのです!笑

「ほう.....ってそんなことできるか!!」

と思いますが,できるんだそうです笑

 

ポイントは,金曜から始めること.

普通の人生だと月曜から始まり,ダラダラ金曜になり,そのまま土日を迎え,また月曜が....ですよね.

 

一方で,金曜の時点で月曜から完璧に動けるように準備をすることが大事なようです!

 

その上で,月曜から水曜までで,一気に仕事を終わらせるようです.

 

では,木曜は??

そうです,木曜日は,確認をする日なんです.

3日間でガーーーーっと進めたことを落ち着いて確認し,1週間を振り返る日であるとのことでした.

 

これは納得.

 

そして,金曜日は翌週の準備ですが,ここでもう一つの重要な役割が!!!

金曜日は,翌週の準備だけでなく,もっと遠い未来の準備もするようです.

具体的には,中長期的な作戦を考えたり,勉強をしたり,会議をしたりです.

 

土日は記載はありませんが,当然,月曜を踏まえて充実した日々を過ごせるのだろうと想像がつきます.

 

朝の良いところ

そして,最後の章でもう一度私は心を奪われます.

それは,「朝の時間を有効活用すること」が勧められていました.

 

当然,私は朝型なのでこの本の著者にさらに同意を重ねました!!

 

 

やってみること

さあ,あとはやるだけ!と思い,実際にやることは以下のように.

 

行動1:金曜日は中長期で考える

まずは,早速この金曜日から中長期的な思考と翌週の準備を完璧にするようにしてみます.

確かに,これをするだけで,来週が楽しみになるな...

 

行動2:月火水に妥協しない

もう一個が月火水の仕事の日たちです.

ここを徹底的に効率化するために,体調と集中力とタスクの管理を徹底します.

 

行動3:朝型を有効に活かす

最後に朝型を生かし,勉強時間の確保とルーティン化を目指します!

 

まとめ

 

 

最後にリンクを貼っておきますね

サウナ付きカプセルホテル「ドシー恵比寿」に泊まってみた

くんせい君(@shimaenagalab)です.

北海道に住んでる大学院生です.

 

ちょうど今週,東京に行くことがあり,サウナ付きカプセルホテルに4泊したので,感想をシェアしたいと思います.

 

今日は,ドシー恵比寿について考えてみた

 

ドシー恵比寿とは

東京の恵比寿駅から徒歩2分にあるサウナ付きカプセルホテルです!

 

お風呂やランドリーなどはなく,サウナとシャワー,カプセルだけがあります.

 

do-c.jp

なぜ泊まったのか

今回は,友人の結婚式で東京に行く用事があり,せっかくなら数泊してゆっくりしたいと思い,なるべく安いホテルを探していました!

 

さらに,朝活コミュニティ〈朝渋〉の開催場所は渋谷が多いので,その周辺で,できればサウナがあればいいな〜というものでした笑

 

  1. 安いカプセルホテル
  2. 渋谷・恵比寿周辺
  3. サウナ付き

この条件を満たす場所が,もはやここでした!

 

サウナ付きカプセルホテルの良いところ

実際に泊まってみて,どんな感じだったか,そしてサウナ付きカプセルホテルの何がよかったかご紹介しますね.

 

サウナ付きカプセルホテルの良いこと

まずはチェックインは14時以降で,簡単に手続きができ,いきなりですがサウナに行きました!

良い1:いきなりサウナ

まずは,いつでもサウナに入れるのがメリット!

タオル・バスタオル・お尻と足元用のタオルと4つを無料で貸してもらえるのもポイントでした.

 

ここは,水風呂がなく水シャワーなのも特徴.

水はもちろん無料で汲むことができます!

 

 

良い2:朝ウナ

さて,10時から14時を除く時間はいつでもサウナに入れますが,私がよかったのは朝の時間!

朝起きて,ちょっと眠いままサウナに入るのがめちゃくちゃよかったです!

 

普段ならお風呂に入って,ゆっくり目を覚ましますが,サウナはもっと劇的に目が覚めることがわかりました〜

 

水シャワーでスッキリできる分,普段の朝風呂より心地よかったです!

 

サウナ付きカプセルホテルの微妙なこと

最後に泊まってみて,ここが微妙だったポイントも紹介します!

 

微妙1:飽きる,とにかく湯船に浸かりたい

まずは,飽きること.

これはしょうがないかもしれませんが,ここまでサウナが身近にあると毎回毎回3-4セットも入らないってことが分かりました!笑

 

1-2セットで満足してきてしまうんですよね〜

つまり,整いの感覚を得ないままサウナをしているような状態ですかね〜

 

 

微妙2:夜の時間がめちゃくちゃ混む

そしてもう一つは,夜の時間がめちゃくちゃ混むことです.

 

基本的にはホテルも兼ねてるので,夜は泊まりに来る人がみんな入りたい時間帯です.

 

サウナ専門で,スペースが限られているからこそ混んでいるように感じます.

 

やっぱり朝ウナがいいですね

 

 

まとめ

結論,安くてサウナ入れるのでオススメです!!

 

ただ,夜は混むから朝を狙うべき.

連泊するならお風呂が恋しいかも.

 

最後にリンクを貼っておきますね

朝活コミュニティに入って約半年が経ちました

くんせい君(@shimaenagalab)です.

北海道に住んでる大学院生です.

 

今日は参加して約半年が経つオンライン朝活コミュニティ〈朝渋〉をどう楽しんでいるか,書いてみました.

 

朝活コミュニティ朝渋とは

とりあえずリンクを貼ってみる.

asa-shibu.tokyo

 

簡単にいえば,「早起きという共通点の温かいオンラインコミュニティ」ってところでしょうか.

まあオンラインといっても,一部はリアルで会うことも可能でハイブリット形式となっています.

 

朝渋に入った理由

なんで私が朝渋に入ったのかというと,簡単には以下のような理由があります.

 

もともとラクロス部で早起きしてた

今まではラクロス部に入っていたので,朝6時から練習がありました.

それが急になくなって,朝暇になったので入ってみました.

 

コロナ禍の交流

もう一つの重要なタイミングとして,コロナ禍ということもあり,何かしら新しい人との交流が欲しいなと思っていたこと.

 

もともとオンラインコミュニティへの興味はあったので,抵抗なくすんなり入りました.

 

朝渋に入って序盤の活動

さてさて,いざ入ってみるとこれがなんの楽しいのって...

入って気づくのは,新参者に優しい設計になっているのね〜〜

 

というわけで,毎日なにかしらの集まりに顔を出すようになりました.

 

具体的には,毎朝オンラインで挨拶して各自何かする作業部や,各種部活やモーニング(ただ話す)など...

 

もちろん自分の興味で部活も立ち上げたりもしてみました.

 

感じた違和感

参加して1ヶ月間の活動量を評価されて,MVPなんかを頂いたりして,充実した日々を過ごしていました....

でもね,でもね....なんだかものすごくものすごく疲れてしまう自分がいたんですよ

 

初めは楽しかったモーニングもだんだん面倒くさくなったり,自分で立ち上げた部活も負担に感じてきたり...

 

気づいた原点

あっさり解決したよってことを伝えると,時には孤独であることも大事だと気づいたんですよね〜.

 

別の言い方をすれば,辞めることも大事だってことに気づいたんです.

 

朝起きて色々なことをしてみて気づいたのは,自分にあったこと・自分がやりたいことを集中的にやるのが大事だってこと.

 

ま,行動したから気づけたことでしたね〜

 

まとめ

というわけで,今は勉強メインにしている

週に一回程度は興味のあるもので楽しく過ごすようになっています

 

 

朝渋はやめてないですよ.おすすめです

 

いしかわゆき著『書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章術〜』を読んでブログを再開することにした

f:id:savas_saving_energy:20210915222803j:image

こんばんは,お久しぶりです.

 

くんせい君と申します.

北海道で気象の研究をする燻製が大好きな大学院生です!

 

今日はいしかわゆきさんが書かれた『書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章術〜』を読んでブログを再開した話です.

 

本の内容

この本は全部で6章構成で,何かを書くハードルを感じるところを一つ一つ向き合ってくれるような構成でした.

  1. 書く「勇気」
  2. 書く「習慣」
  3. 書く「ネタ」
  4. 書く「思考」
  5. 書く「技術」
  6. 書く「気持ち」

 

特に私が響いたところ

私が良いなと思ったのは,書く「勇気」の第1章ですね

 

変に意識が高めな私は,何事もきっっちりやりたくなってしまうんです.

 

良い文章を書こう〜

良い論理構成で〜

どうせなら読んでもらいたい〜

などなど

 

言い訳を並べて書かないことで,モヤモヤしてたんです.

 

「意味がない文章」に意味づけするのはあなたじゃない

この言葉がすごく良いですよね.

 

別に全ての文章に意味を持たせなくなって,

読み手が勝手に意味を持たせてくれることもあるよっていう話.

 

だから気軽に書いてみよう.

 

 

ブログを再開するぞ

というわけでブログを再開することになった私

 

ブログ再開の理由

さて,ブログを始める理由はシンプルで

 

頭を整理したいから

 

これに尽きるのじゃ.

 

自分が日々考えていること,取り組んでいることを整理できていないと感じる日々.

 

人のアウトプットを見ては

「自分の方がもっとできるのに...」と言ったズルいことを思ってしまう.

 

ならやってみよう.

とにかく毎日更新してみよう.

 

ブログを再開するにあたって

今も書いたが,ルールは一つ

 

毎日何かしら投稿してみる

 

これだけでやんす.

 

よっしゃ,最初に頑張ると疲れるからこんなとこにしとこ.

 

今日読んだ本はリンクを貼っておきますね

 

【映画感想】ソンガンホ主演『タクシー運転手 約束は海を超えて』は社会に立ち向かう若者から勇気をもらえる名作だった

f:id:savas_saving_energy:20210228173336p:plain

みなさんは,なんのために映画を観ますか?

私は,自分が知らない世界を2時間で体験するために映画を観ることが多いです!

今日は映画を通して体験できて良かったと思える作品でした.

 

『タクシー運転手 約束は海を超えて』を観て

この記事を書いてるのは くんせい君

このブログを運営している くんせい君@shimaenagalab)と申します.
北海道在住の燻製が大好きな大学院生で,
真面目に研究をする傍らで燻製をする日々を過ごしていますが,
映画館でボランティアしているということもあり,年間100本ほど映画を観ています.
(アニメも大好きで何かしらを常に観ていたいです)

 

 どんな映画なのか?

まずは,こちらのPVをご覧ください!!

光州事件について

この映画は,光州事件という実際の事件を基に描かれています.

光州事件とは,一言で言えば,

1979年ころに韓国の光州で発生した学生運動と

それに伴う兵士たちによる暴力による圧政による一連の騒動のことです.

 

最終的には学生だけでなく多くの市民も巻き込む大きな騒動になり,

認定された死者は154人、行方不明者70人、負傷者1628人

にも登ったと言われています.

 

厳しい交通規制・情報規制があったようですが,

そこに潜り込み世界中に正しい情報を発信したジャーナリストも

実際にいた人物のようです.

 

主演はソンガンホ

主人公は,ジャーナリストを光州に送り,

行動を共にしたタクシー運転手です.

 

そして,その役割をソン・ガンホが演じています.

どこかで聞いたことがありますよね?

そう,アカデミー賞をとって有名になった『パラサイト』の

お父さん運転手役だったんです!

(運転手が似合うんですかね?笑)

 

この映画は,社会に立ち向かう強さをもらえる

この映画では,

学生・市民による政治運動を

政府から派遣された兵士が圧政する構図で描かれています.

 

理不尽で力のある政府に立ち向かう三者がかなり印象的でした.

 

学生運動によって立ち向かう

まずは,今回の騒動の中心となった学生.

日本でも学生運動が大きな動きを見せていた時代があるようですが,

学生は,社会に出て働く前に,さまざまなことを経験し学び,

自由に物事を考え,発信するための期間であると私は考えています.

 

今回の発端となったように(明らかに幼稚な煽りや行為は一概に良いと言えないが)

学生という立場だからこそ,自分たちの意思を示し

政治経済に興味を持つべきだと思いました.

 

ジャーナリズムを通して立ち向かう

そして,ジャーナリストもまた今回は重要な役割を担います.

 

日本で記者と言うと,著名人のスキャンダルや不祥事をあえて大袈裟に取り扱い,

市民の不安や怒りを煽ることが強調され良いイメージを持たれません.

 

しかしながら,今回の作品で取り扱われているように,

社会の代弁者として,多くの人が触れることができない情報を

自分の手足を動かして体験し,目で見て耳で聞いたことを

発信する重要な役割があると改めて気づきました.

(実は私も昔は新聞記者を目指していました)

 

 

運転手として社会に立ち向かう

そして最後に運転手.

こちらもまた,普段生活していると

活力・使命感を持って取り組んでいる人は多くないように感じてしまいます.

 

しかしながら,本作品では交通規制によって本来いけない場所に

なんとか連れて行くこと,車を使って人を救うように動いている姿が印象的でした.

 

作中で他の立場の人たちと違い,

あくまで彼らは多くは語らずに行動で示し,

特にサポートに徹している姿が印象的でした.

 

 

まとめ

映画『タクシー運転手』は,

光州事件に立ち向かった人々を描いた韓国映画で,次々と変わる展開と社会への疑問や葛藤が魅力的でした.

 

学生,ジャーナリスト,運転手として自分の役割を全うして社会の違和感に立ち向かう姿に勇気をもらいました.

 

こんなに重い内容なのに,

笑えるシーンやアクションシーンを入れるあたりが近年の韓国映画のレベルの高さを象徴しているな…と感じました.

 

合わせてみたい

ここまで読んでいただき,

ありがとうございました!

 

この記事と一緒に紹介したい記事はこちら.

 他の映画の感想

www.otondenhei.com

 

ミニマリストについて書かれたドイツ映画です!

 

 

今回の映画を観た旅行

www.otondenhei.com

 

そして,『タクシー運転手』を観た旅についても記事にしてます!

【弾丸函館旅行】一泊二日の函館一人旅はスタバとサウナで優勝しよう

f:id:savas_saving_energy:20210227083354p:plain

一泊二日で函館へ行ったら何をしますか?
 
私のオススメは,スタバとサウナです!
むしろスタバとサウナのために函館へ行きましょう!!

【読書】ワーママはるの『やめる時間術』を大学院生が実際にやってみた

f:id:savas_saving_energy:20210126203159j:plain

「やるべきことがあって時間がない!!」

そんな人が時間を分解し,引き算・足し算することで

身につける時間術を理系大学院生が実践してみた話です.

続きを読む

【ワークショップ】川原卓巳のBe yourselfのワークショップが楽しすぎた

f:id:savas_saving_energy:20210124133317j:plain

 今日は,川原卓巳さんの著書『Be Yourself』のワークショップに参加しましたが,

 楽しすぎたので,そこで感じた内容をまとめました.

 

続きを読む

【プロフィール】大学院生のくんせい君です!(2021年1月更新)

f:id:savas_saving_energy:20210115102811j:plain

こんにちは,くんせい君(@shimaenagalab)です.

ラボログに興味を持ってくれてありがとうございます!

みなさんに私のことを知ってもらいたく,プロフィール記事を書きました.

 

続きを読む